top of page

mizutama日記(vol.16)

「社会に出さないなら」



水玉です。



4歳児と0歳児の2人育児中です。


最近やっと「子育ては親育て」の意味を身を持って実感できるようになってきました。


世の中のママさんたちはみんなすごい。本当にすごい。



今、ただただ可愛いだけの赤ちゃんは、ただただ可愛いだけ。


しばらくは社会に出る必要もなく、おっぱい、おむつ、だっこ、愛情を与えるだけ。



でも4歳はそうはいかない。


そろそろお友達とうまくやっていく方法を覚えてほしい。


こども社会で浮かないようにしてあげたい。


本人も、相手も満足できるような付き合い方ができるようになってほしい。


相手を尊重しつつ、自分のことも大事にできるようになってほしい。


…などなど。



お友達と遊んでいる我が子を見ると、


「あっ、またあんなこと言って」とか、


「自分ばっかり楽しい遊び方して!」とか、


「弱!1歳下の子に負けちゃだめだよ!」とか、


ダメな部分ばかりが目に入ってしまうのです。


お友達の親がそばにいる場合はなおさら、注意しましたアピールしたりとか…。


家に帰っても「さっきのさ…」と話題を振って考えさせたりとか。




正直面倒!




だけど我が子を自立させるために(しかもできれば幸せに)は絶対必要!


…だと思うんだけど言いすぎ?言い方、あってる?


伝わってる?


こども社会にしゃしゃり出すぎ?



などなど、考える・悩むことは尽きないのでした。




先日、先輩ママさんと話をしていたとき、子どもとの関係の話になって、


「ああ、私、子どもとの人間関係に悩んでる。人生の悩みって、いつも結局は人間関係なんだなぁ…と思った」と仰っていて、


目から鱗でした。


そうか~。子どもとの関係すらも「人間関係」なのかぁ。そうだよなぁ。


そりゃ、悩むよな!



こどもなんて、元気に楽しく過ごせてればいい。


どんなにわがままだって生意気だって、家の中でならいい。


でも、社会に出すならそうはいかない。


自立して、他の人ともうまくやって、できれば幸せに暮らしてほしい。


そう思うと、親として、突然考えなきゃいけないこと・しないといけないことが増えるんですね。




人間って、社会動物なんだな、と思う今日この頃です。





bottom of page